『ぼく勉』最新17巻、読みました & チロルハイムの今後

『ぼく勉』最新刊は最終巻ではない!?

f:id:a_shika:20200607233417j:plain

『ぼく勉』最新刊(=17巻)、読みました!!

www.shonenjump.com

読み終わる前までは、
『なんでこの話の流れで最終巻ではないんだ!??』
という具合でしたが、読んで、なるほど・・・って感じです。

まぁこれで全てが納得できるかと言われると、ちょっとなぁ〜という具合ですがね(汗)

ちなみに、写真は16巻と17巻を左右に並べた感じです。
こういうイラストはいいですね!!

今日はネタバレをしないよう、進めていきたいと思います(大丈夫かそれ・・・

『ぼく勉』17巻ラスト、皆さんはどうでした?

う〜ん・・・・・私個人的には、こういうのもありなのかな〜っていう気がしてます。

なかなか評価が分かれるとは思いますけどね。
作家さんによっては『絶対に許さん!』という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ただ、、例えば鴨志田先生の『さくら荘のペットな彼女』8巻で描かれた究極の選択などと比較すると、私個人的には『あり』かな〜という気がしているんです。

sakurasou.dengeki.com

というか、『さくら荘』の場合は8巻からその後の展開が、うまく消化できてないようにも読めてしまい、あまり好きにはなれなかったし、仮に『さくら荘』アニメ第2期をやることになってたら、必ずこの辺りはネックになっていたような気がしています(個人的に)。

実際に、、、鴨志田先生のその後の作品『青春ブタ野郎』シリーズの中には、『さくら荘』のメンバーも度々それっぽく登場するのですけど、主要キャラの中で唯一『8巻で選ばれなかったキャラ』だけ登場してこないのですよね。私はこれは『登場しなかった』のではなく、『登場できなかった』のではないかと思っています。

……という点を踏まえて、『ぼく勉』の最新刊はそういう流れを回避できたのではないか?
と考えることができるわけです。

(どや! このネタバレしてそうでしてない書き方は!??)

と、何言ってるか全然わからん!という方は、『さくら荘のペットな彼女』も含めて、『ぼくたちは勉強ができない』も読んでみてはどうでしょうか?ということで(^^)

以上、鹿野のラブコメ論でした(笑)
(あ、いずれ『さくら荘〜』についてもいつかちゃんとブログ記事書きますね!)

『ぼく勉』の今後について思うこと

とりあえず次巻発売は、8月ということのようですね!
新シリーズと言いますか、それはそれで楽しみです!

私の予想。これ、順番がころころっと入れ替わってくるんじゃないかな〜と。
なんの順番かって話は・・・あ、これはネタバレなので止めておきます!

そういやラブコメといえば『チロルハイム』について

先週の予告通り、エブリスタへ引っ越ししました!

シリーズ1(春日真奈海編):
estar.jp

シリーズ2(霧ヶ峰美歌編):
estar.jp

霧ヶ峰美歌編の方は、割と改稿をしていまして、さらにプロローグを追加しています。
カクヨム版と読み比べてみるのも面白いかもしれませんね! ←そんな暇人いないだろ!!

次回『チロルハイム』シリーズは、妹ファンの方(?)お待たせしました(??)
大山糸佳編が来週から始まる予定です!

タイトルは『チロルハイムの四次元彼女は幼馴染の妹になれるか』です!

こちらもお楽しみに。

最後に

6月になりました。
5月よりは落ち着いてきたことですし、そろそろOSSの活動の方もやっていかないとですね(汗)